レディ

農業には必須のトラクター|中古なら安くて購入することが可能

ダンプのグローバルな需要

ウーマン

求められる日本のダンプ

ダンプカーは建設現場や土木現場で活躍し、キャビン後部に搭載された荷台が油圧式ダンパーで傾き、土砂や廃材等の積載物を一気に降ろします。解体現場での廃材積み込みや、土木現場の盛り土や土砂積み込みなどで10tクラスの大型ダンプは作業効率を上げます。新車のダンプカーは価格が非常に高額で、企業の設備投資コストを圧迫させます。近年は中古ダンプの人気が非常に高く、とくに日本製の中古ダンプは世界的に人気が高いです。成長著しい、東南アジア諸国では、急ピッチでインフラ整備が進み、建設機械やダンプカーが不足しています。とは言え、新車導入はコストが大きいため、程度の良い中古ダンプを日本から輸入している国が多いです。ダンプカーは耐久性に優れ、メンテナンス次第で100万キロ走行も可能と言われており、日本は車検制度により大型の作業用車両が1年ごとに検査を受け、基準に満たない車両はしっかりとメンテナンスされて検査を通過します。そのため、海外市場からの日本の中古ダンプの信頼性が高く、また、日本人はきれい好きであるため、洗車に余念がなく、程度の良さも好まれるのです。すでに海外流通量が多いため、部品も貴重な資源となるため、部品回収用としても価値が高く見られます。ダンプの買い替えを検討する事業者やフリーのドライバーは、中古ダンプの買取を専門とする業者に査定見積もりをすることで高値が付く期待が出来ます。異なる2社以上の買取店に見積もりを依頼し、互いの業者に価格交渉をして高値を引き出すと良いでしょう。